Title Image

アルゼンチンタンゴとは? – What’s Argentine Tango? –

タンゴ・ダンスには様々な種類(※1)があり、日本ではステージタンゴの主張の強いアクロバティックなダンスがテレビやショーでよく知られています。しかし、激しく官能的なステージタンゴは特別に舞台のために作られたもの。LIBERTANGOがお教えするタンゴは、アルゼンチンタンゴのなかでもっともエレガントで癒しの効果がある「サロンタンゴ」。このページではそのサロンタンゴについて詳しくご紹介します。

サロンタンゴとは all about salon tango

アルゼンチンタンゴ・ダンスは大きく分けてサロンタンゴ、ステージタンゴというふたつの部類に分けられ、本場ブエノスアイレスで「タンゴを踊る、習う」という場合、そのほとんどがサロンタンゴを指しています。それは、このサロンタンゴがタンゴダンスのなかでも特に「人との出会い」「絆・つながり」を目的にした大人のエンターテインメントで、洗練され遊び心のある癒しのダンスだからなのです。

(タンゴの癒しのメカニズムについでは、ページ下部のタンゴセラピーでご案内しています。)

まず、サロンタンゴの踊り方をご紹介します。サロンタンゴでは、男性がリードし女性がそれをフォロー、すなわち男性の動きを女性が感じ取り動きます。このとき、男性が強引に女性を動かしたりすることはありません。「こちらに動いてください」という男性の意志を女性が感じて、女性自身が動く。この連続がダンスになっていきます。

では、どうやってその意志を感じ取るのでしょうか。

サロンタンゴでは、男女は片方の掌を組み合わせ、もう一方の腕で抱擁している形をとります。このとき女性は、ふんわりと男性の腕に包まれている状態。互いの腕や肩、上半身や額の一部、掌が触れていますが、その触れた部分に動と静のエネルギーを伝わせ、小さく、優しく、合図を送るのです。不思議なことに人間の体はほんの少し背中に力を感じると自然に脚を前に出し、体の周囲に少し空間ができればそちらに向かって動きます。サロンタンゴはこうした人間の特性を使 い、男性の優しいリードに女性の身体がシンクロして移動し、遊び心ある飾りのステップを織り交ぜながら踊る即興のダンスなのです。

サロンタンゴのコミュニケーション能力 tango is a language

男性は女性が気持ち良く快適に踊れるように配慮しながら動く方向やステップを決め、女性は男性からのサインを身体のコンタクトを通じて受け取って動く。そうして一連の動きを作り上げていくと、言葉を使わず身体で会話をしているような感覚がもたらされます。このためサロンタンゴはよく「言葉を使わないコミュニケーション」と表現されます。ダンスでコミュニケートできるわけですから、サロンタンゴはひとつの言語のようなもの。相手がどの言語で話す人であれ、一曲一緒に踊るだけで弾む会話を楽しんだような奥深いつながりが持てるのです。

日本国内でもそうですが、ヨーロッパやアメリカの各都市、アジアの大都市では、必ず街のどこかでサロンタンゴのパーティー「ミロンガ」が開催されています。 旅先の世界の都市で身だしなみを整えてミロンガを訪ね、異国の方たちとタンゴを踊って遊ぶ。観光や買い物だけの旅行に物足りなさを感じる現代の大人達にとって、このダンスの持つ不思議な力は大きな魅力となっています。

サロンタンゴで学ぶ大人の気品 more elegant life with tango

サロンタンゴを踊るパーティーのことを「ミロンガ」と呼びますが、ここは出会いと繋がりを求める社交の場。このミロンガでは、紳士・淑女として振る舞うことが第一条件です。タンゴが生まれたアルゼンチンという国は南米にありながらヨーロッパからの移民で成り立ち、白人人口が97%を占める国。もちろん、その社交にもヨーロッパ的な方法が用いられ、日常の様々な場面でも男性は女性をエスコートし、女性は気品を持って応対します。ミロンガでも、そしてもちろんサロンタンゴの踊りの中でもこうした礼儀が求められています。これが、タンゴが「大人の遊び」と言われる由縁です。

しかし「礼儀」や「気品」といっても、アルゼンチンが堅苦しい国でタンゴが堅苦しい踊りかというと、まったくそんなことはありません。ヨーロッパ的な社会的洗練を重視するものの、アルゼンチンは2010年に建国200周年を迎えたばかりの若い国。未開の大地を切り開き、文化を輸入し、独自の在り方を作り上げたのも 日本やヨーロッパなどに比べれば、つい最近の出来事。社会全体に自由な空気があり、突き抜ける空の下にエネルギーが渦巻いている土地、それがアルゼンチンです。そこに暮らす人々、演奏される音楽、そして踊られるダンスも野性を隠し持ち、喜怒哀楽やユーモアに溢れた個性的な性格をもちあわせます。その個性豊かな人たちが見事に「ハレとケ」を使い分け、ハレの場面で他人と時間を共有し奥深い味わいのあるダンスを楽しむ、それがサロンタンゴ本来の姿だと言えるでしょう。

サロンタンゴを美しく踊るには、姿勢を正し美しく立つこと、エレガントに歩くことを学ばなければなりません。それはそのまま、日常生活でのなにげないしぐさを洗練し磨き上げていくことにもなるのです。

「人生は一曲のタンゴ(※2)」という言葉があります。サロンタンゴから人生の教訓を学んだり、人生の味わいが踊りの中に滲み出たり、タンゴは常に 人生と比喩関係にあります。これは実際に踊ってみないとわからない感覚ですが、例えば「自分の足で立つ」「仲間や伴侶を信頼し尊重する」というような、生きる上で学ぶべき大人としての在り方と教訓を、タンゴが体現し教えてくれているのです。

サロンタンゴは歩くことを基本とするダンス。歩ける限り、何歳になっても踊り続けることができるダンスです。ブエノスアイレスでは今でも70歳80歳の方々 が現役でサロンタンゴを踊られていますが、人生を正面から受け入れ、堂々と「今」を楽しんでいる彼らの姿から私たち日本人が学ぶべきことはたくさんあるようです。

ぜひ一度、あなたの身体でサロンタンゴを体験してみてはいかがでしょうか?LIBERTANGOは、皆様のさらに豊かな人生のためのお手伝いをさせて頂きます。

※1:タンゴにはアルゼンチンタンゴのほか、コンチネンタルタンゴというジャンルがありますが、こちらはアルゼンチンからヨーロッパ大陸に持ち込まれ、クラ シック音楽の影響を受けムード音楽として変化した別ジャンルの音楽とダンスです。また、日本でもよく知られている社交ダンスのタンゴは、主にコンチネンタ ルタンゴの曲を使って踊る社交ダンスで、こちらもアルゼンチンタンゴ・ダンスとは別のダンスです。
※ 2:「La vida es un tango(人生は一曲のタンゴ)」は1939年公開、マヌエル・ロメロ監督の映画のタイトル。アルゼンチン国内を中心に大ヒットし、タンゴ愛好者に今も 頻繁に使われているフレーズです。「人生はタンゴを一曲を踊るようなもの、もし足を滑らせても踊り続けるしかない」という意味合いで使われます。

ユネスコ無形文化遺産


2009年9月30日、その発祥から様々な変遷を経て現在に受け継がれるタンゴが「ユネスコ無形文化遺産(※1)」に登録されました。

この登録への申請は、アルゼンチンの首都ブエノスアイレス市とウルグアイの首都モンテビデオ市の連名でおこなわれました。日本ではあまり知られていませんが、タンゴはアルゼンチンのみならずラプラタ川の対岸のウルグアイでも音楽ダンスの文化として育まれてきたという経緯があるからです。普段は似た者同士で敵対視することの多いアルゼンチンとウルグアイですが、タンゴという共通項のために互いに手を取り申請・登録へと至ったものです。

ユネスコ無形文化遺産に登録される文化は「口承による伝統及び表現」「芸能」「社会的慣習、儀式及び祭礼行事」「自然及び万物に関する知識及び慣習」「伝統工芸技術」といった内訳があり、いづれかの項目を満たす必要がありますが、アルゼンチンタンゴの場合「芸能」としての側面はもちろんのこと、毎夜のようにおこなわれ市民が集まるタンゴパーティー(ミロンガ)のような「社会的慣習」、また歌い継がれるタンゴ曲の歌詞や、師匠から弟子へと受け継がれるタンゴ音楽の演奏法やダンスの技術、そしてその精神は「口承による伝統及び表現」の側面も持ち、タンゴの様々な文化としての在り方が認められ、無形文化遺産として認可されました。

このユネスコ無形文化遺産は、世界遺産の一項目「危機遺産」と似た定義を持っています。すなわち、存続の危機のある文化を地元の若い世代へ継承すること、国内、国際的な普及を極力自力でおこなうことを目的としているのです。現在タンゴは、世界中に認知され演奏され踊られているものの、アルゼンチンの若い世代がタンゴについて正確な知識と伝統を継承しているかというと、残念ながら一部に過ぎないのが実情です。このため、ブエノスアイレスとモンテビデオの両市が年間3,000,000米ドルを捻出し、タンゴの普及・保護・継承のための様々な取り組みをおこなっています。

無形文化遺産登録前から、ブエノスアイレス市がおこなってきたタンゴ普及の代表的な催しに、世界最大のタンゴフェスティバルとタンゴの世界選手権が挙げられます。このふたつは、毎年8月にブエノスアイレスで約2週間に亘って開催され、世界中からタンゴ愛好者やツーリストが訪れる大規模な催しです。フェスティバルではタンゴの世界的音楽家や若手のミュージシャンのコンサート、多ジャンルとタンゴを融合させた新しいタンゴ音楽の演奏や、世界的ダンサーやタンゴカンパニーのショーも無料で公演。タンゴ世界選手権では世界各地から集まったタンゴダンサーたちがサロンタンゴ部門とステージタンゴ部門の2部門で華麗に競い合います。そして、決勝の模様は例年全国放映され、また2012年からはインターネット放送で世界に無料発信されています(※2)。

この他にも、アルゼンチンでは12月11日は「タンゴの日」、7月11日は「バンドネオンの日」(※3)に定められ、例年ブエノスアイレスはもちろんアルゼンチン各地でタンゴの催しが大々的におこなわれてきました。

現在、未来を担う子ども達にタンゴをより深く知り触れてもらおうと、ブエノスアイレス市公立小学校のカリキュラムにタンゴの歴史・音楽・歌詞・タンゴダンスの授業を取り入れようと市民団体の活動が進められています。2012年時点では正式なカリキュラムかは実現していませんが、世界的に有名なバンドネオン奏者が公立小学校を回り子ども達に演奏を聴かせたり、タンゴについての講義をおこなうなど次世代へのタンゴ教育が盛んになりつつあるのです。

熟練の踊り手の方たちのなかには、年月を経て身体にしみ込んだサロンタンゴをレッスンを通して若者に手取り足取り惜しみなく心底丁寧に教えている方も多くいらっしゃいます。こうしたレッスンでは、アルゼンチンという厳しい社会の中での人間としての尊厳ある生き方(ひいては、先進諸国の違う意味で厳しい社会で生きることへの教訓にもなります)、異性への敬い、仲間との絆、その他タンゴを踊るだけに留まらないたくさんの知恵と経験を若い世代に託していることです。本校主催のサエ&フアン・カルロスもこうした往年のマエストロ方からの熱心な指導を受け、伝統のサロンタンゴを習得しました。

アルゼンチンタンゴ文化はアルゼンチンを代表する文化遺産として大切に保護され、未来へと継承されています。LIBERTANGOでは、このアルゼンチンタンゴ文化を日本、そしてアジアへ普及する活動をおこなっています。

※1:無形文化遺産とは、それまでの世界の特異で優れた自然や建造物など有形の物件を対象に登録をおこなってきた世界遺産の定義に含まれず、独特でありながら国際的な保護から取り残されてきた「口承による無形の文化」すなわち世界各地の芸能・風習などに焦点を当てて取り決められたユネスコ条約「無形文化遺産の保護に関する条約」に登録された人類の遺産を指します。
※ 2:タンゴ世界選手権には世界各地に予選大会があり、東京(またはその近隣都市)でも毎年タンゴ世界選手権アジア大会が開催され、レベルの高い戦いが繰り 広げられています。本校主催のサエ&フアンカルロスはこのアジア大会のサロンタンゴ部門のチャンピオンで、ブエノスアイレスの本戦でも300組を超えるペ アの中から勝ち残り、2007年と2010年のサロンタンゴ部門ファイナリストとなっています。
※3:「タンゴの日」にはフリオ・デカロというタンゴ音楽の巨匠とタンゴの伝説の歌手カルロス・ガルデルの誕生日だった12月11日が選ばれました。余談ですが、ガルデルのレコード原盤はユネスコの世界遺産、無形文化遺産と並ぶ三大事業のひとつ「世界記録遺産」に登録されています。また「バンドネオンの日」はバンドネオン奏者でタンゴ音楽一の人気を誇ったアニバル・トロイロの誕生日で、2012年現在、「バンドネオンの日」を世界的に認知してもらおうと親族によりユネスコ登録を目指した署名活動が行われています。

タンゴセラピー


近年、日本国内でも注目されつつあるタンゴセラピー。海外では10年以上前から病院施設などで様々な試みがおこなわれ、その癒しの効果、様々な疾患の症状改 善が報告されてきました。本校主催のサエ&フアン・カルロスは日本における高齢者に向けたタンゴセラピーの先駆けとなりましたが、このページではタンゴを使ったセラピーについて、ちょっと詳しくご案内します。

注意:タンゴセラピーで使われる「タンゴ」とは、歩くことを基本とする「サロンタンゴ」を指します。激しく官能的でアクロバティックな動きが特徴の「ステージタンゴ」との違いはこちらのページでご確認ください。 サエ&フアン・カルロスによるタンゴセラピーの実践

タンゴを使ったセラピーとその効能について

タンゴセラピーとは、基本的にサロンタンゴダンスの持つ効能を使ったセラピーで、認知症、パーキンソン病、心血管疾患、精神疾患などの症状改善のために利用されたり、心理カウンセリングの現場では夫婦間の信頼関係の修復などにも用いられています。こうして多方面の医療現場で効果が認められているタンゴセラピーですが、タンゴの持つ意外な要素がこれらの疾患を快方へと促す作用をもたらしているのです。

サロンタンゴの、ほかのダンスにはない特性といえば「抱擁」が代表的です。タンゴは、アブラッソと呼ばれる深い抱擁の形で踊られるダンスですが、アルゼンチンでのタンゴセラピーの第一人者で精神分析医のトロセロ医師によると、抱擁による肌への刺激は過度なストレスが原因となる疾患の改善に効果的なのだそうです。

マッサージなどで肌をなでたり、だれかに包み込まれると眠気をさそうような心穏やかさを覚えますが、これと同じようにタンゴを踊るための抱擁も、互いに安心感を与え合っています。この安心感の原因は肌と肌の接触を感知して脳から放出される数種類の神経ホルモンのうちのひとつ、ペプチドホルモンのオキシトシンという物質。このオキシトシンの働きは様々ですが、そのひとつにストレスと強い関連性のあるCRHと呼ばれるホルモンの放出を抑制する働きがあります。CRHの放出が抑制されれば、ストレスが軽減され、結果として心穏やかな状態に。この一連の反応が、高血圧や心血管疾患など、過度のストレス状態によって引き起こされる病気全般の予防に効果的だというのです。

心臓疾患など生活習慣病とタンゴセラピー

「サロンタンゴは歩く踊り」ということはこちらのページでもご紹介してきましたが、タンゴセラピーでもその「歩き」が利用されています。例えば、心臓疾患や高血圧、糖尿病などの生活習慣病では、継続的な有酸素運動が予防と症状改善につながるため日々の適度な運動を勧められますが、最近では「タンゴによる適度な運動療法」も広く認知されてきています。ブエノスアイレス市郊外ある心臓疾患専門の病院では2010年から患者を対象とした無料タンゴレッスンや楽団生演奏付きのタンゴパーティーを開催し、運動療法として心血管疾患の症状改善に取り組んでいます。

タンゴを30分踊った際の運動量はウォーキングマシンの上を歩く30分と同じ、またミロンガ曲(タンゴの中の陽気でテンポの早い曲)を30分踊れば、早足で30分踊った場合と同じ運動量と言われています。タンゴが優れているのは、ひとりで黙々と歩くのとは違い、人と集まって交流を深めつつ音楽に乗って楽しめること。このように、タンゴは社交性と娯楽の要素をもつためリタイヤする参加者も少なく、継続して運動療法をおこなうことができるのです。

パーキンソン病の症状を抑えるタンゴセラピー

パーキンソン病は、2012年にやっと発病のメカニズムが解明されたたばかりの神経変性疾患で、手足の震え、筋肉のこわばり、緩慢な動作や表情や声の抑揚が無くなるといった運動症状のほか、気持ちの落ち込みや無気力状態など精神的な症状まで引き起こす病気ですが、このパーキンソン病の症状の緩和・改善のためにタンゴが用いられています。

このパーキンソン病とタンゴの結びつきは、タンゴダンスの名手プピ・カステーロというダンサーでした。このプピは往年パーキンソン病気を患っていましたが 「タンゴを踊っているときだけ身体の震えが止まる」ということを発見。担当医に報告したことから、症状緩和のための運動療法として取り入れられるようになりました。

現在、ブエノスアイレス市内でおこなわれているパーキンソン病患者のためのタンゴセラピーでは、まずタンゴ音楽のリズムに合わせて軽快に体をほぐすことによって、パーキンソン病特有の震えやこわばりを滑らかな動きへと導くウォーミングアップがおこなわれます。その後、患者と家族などの付添人がペアになってタンゴを踊りますが、ここでは抱擁はあまり重視されず、腕を掴んだ状態でも良いとされています。一番重要なのは、患者自身が自分の体の軸の位置や体重移動などを意識し、そして付添人も同じように自分の体を使って確認すること。平衡を保たれた状態を意識し、平衡が崩れたときにはどのように対処するべきか、体での理解を助けてくれるのです。また、患者と付添人が互いに動きをシンクロさせることで、歩行に困難が出るパーキンソン病患者がスムーズな歩き方を取り戻す手助けとなります。そして、このタンゴセラピーは、付添人と二人一組でおこなうため万が一の転倒も防げるというメリットがあり、安心して参加できる運動療法でもあるのです。

パーキンソン病では「日常生活に不可欠な複数の同時進行の動き」をおこなうことが困難になっています。自己を表現するため大きな動きを繰り返すほかのダンスとは違い、サロンタンゴは足、腕、胸板など体の様々な箇所を同時に少しずつ動かしながらひとつの動きを完成させるダンスです。音楽に乗ってタンゴ踊ることは、日常生活での複数の動きを同時におこなう練習にもなっています。

認知症とタンゴ

日本では、認知症へのタンゴセラピーが映画などでも注目されましたが、この疾患へのタンゴセラピーでは脳への刺激と気分の高揚が重要なテーマです。タンゴはさまざまなステップを体に覚えさせ即興で踊るダンスですが、様々なステップを記憶し音楽に乗りながらそのステップを思い出して踊るという行為は、脳を刺激し、認知症患者の記憶力の向上につながると言われています。また、認知症へのセラピーで肝心なことは、楽しい気分を維持するということ。家族や介護者を悩ます認知症の症状は本人の記憶にないところで起こるものですが、そういう症状は気分が高揚しているときには基本的には発現しないと言われています。認知症へのタンゴセラピーでも介護者と被介護者が一緒に踊ることが多くなりますが、抱擁で安心感を与え合い、一方では音楽と基本のステップで脳を刺激しながら、楽しい時間を共有することで介護者と被介護者の絆を構築することが重要なテーマとなっています。

信頼と絆を生み出すタンゴで心のケア

タンゴの持つ人間関係の構築を促す効果は、関係の崩れた夫婦へのカウンセリングの現場でも同様におこなわれいます。信頼関係を損なった夫婦にタンゴを踊ってもらい、女性は後ろ向きに進むことで夫を信頼し、夫は妻を気遣う習慣を身につける。それぞれがお互いに依存しすぎず自分の足でたち、互いの動きに耳を澄ませ相手を尊重するという「あるべき夫婦像」をタンゴを通して学ぶというカウンセリングが実際におこなわれているのです。

こうしてタンゴセラピーの様々な例をあげてきましたが、全分野にわたって言えることはタンゴは精神的な安心感と高揚感をもたらすこと、そしてタンゴを踊ることで自然に自尊心が回復されていくということです。

なんらかの病気を患う患者は家の中に閉じこもることが多くなりがちで、社会的にも日陰の身になることが多々ありますが、タンゴを踊ることで外出の機会も増え、明るく社交的になるところもタンゴセラピーの良さだとされています。また、病苦や問題を忘れ、一緒に踊る相手とのシンクロを楽しみ、他者に自分の存在を肯定的に認められる感覚を味わいながらダンスの世界へと入り込むことは、結果的に患者の気分を向上させ、精神面での健康をもたらしているのです。

タンゴはひとりひとりの人間に自尊心を与えるダンスです。体の健康、心の健康にもしご不安がありましたら、LIBERTANGOへぜひお越し下さい。誠心誠意、皆様のご健康と豊かな人生のためにお手伝いさせて頂きます。